■スポンサーサイト

--年--月--日  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

■練馬区議会公明党ニュース(2011年秋季号)

2011年11月17日  

練馬区議会公明党ニュース(2011年秋季号)を発行しました。
kugikaiNews201111_1.jpg
kugikaiNews201111_2.jpg
スポンサーサイト

2011年11月17日 未分類 トラックバック:0 コメント:2

■【実現しました】路面の白線を全面的に補修

2011年11月08日  

富士見台3丁目の区道は、自動車の抜け道になっており交通事故が多発しておりました。ドライバーや自転車搭乗車への意識喚起を高めるため路面の白線を全面的に補修しました。
20111108.jpg

2011年11月08日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

■決算特別委員会

2011年09月30日  

本日、決算特別委員会で登壇しました。
中学校選択制についてその検証を実施するよう求めました。

2011年09月30日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

■南田中団地第四集会所でエレベーター設置の説明会

2011年09月15日  

夜7:30南田中団地第四集会所でエレベーター設置の説明会があり参加しました。
48号棟49号棟は、北側区立公園が隣地となるためエレベーターの設置が許可されませんでした。号棟の方から設置のご要望が多数ありました。区・都の担当と会い、区・都の話し合いを実現し、隣地の課題を解決することができました。
全ての審査が通り、今回の工事着手となりました。半年後に完成いたします。皆様にご不便をお掛け致しますが、よろしくお願いいたします。

2011年09月15日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

■【主張】花とみどりのまちづくりについて

2011年09月13日  

花とみどりのまちづくりについてお伺いいたします。

 区は、平成18年に「みどり30推進計画」を策定し、平成19年には「練馬区みどりを愛し守りはぐくむ条例」の制定、そして平成21年には「練馬区みどりの基本計画」を改定し、自然と調和した、自然を愛する郷土の構築を目指してきました。直近では、日銀グランド跡地やNTT一丁目社宅跡地の大規模公園施設の設置などみどりの保全と創出のための区の努力を高く評価するものであります。
 一方、全国では、みどりだけではなく、花とみどりを一体として考え、色彩豊かな花による市街地の美化を通した街づくりを進めている自治体が多くなってきております。花とみどりのまちづくりは、人と花やみどりが、また花を通して人と人とがお互いに影響し、生き生きとした地域社会を築いてまいります。この取り組みを通して地域のコミュニティーの活性化や観光・商店街などの産業にも結びついてまいります。私は、花を体系的に位置づけて今後の練馬区のまちづくりを進め、みどり豊で、さらに色彩豊かな文化都市練馬区を推進していただきたいと考えます。区の御所見をお伺いいたします。
 二点目に、この間、区は我が会派の要望を取り入れていただき駅から始まる花いっぱい運動や公園の自主管理花壇を推進していただきました。駅から始まる花いっぱい運動は現在一〇駅で実施され、区民による自主管理花壇は二十七ケ所の公園で進めていただいております。私はこのような区民の皆様の手による花のあるまちづくりを点から線へ、そして線から面へと拡大していくべきであると考えております。そのためには、みどりの機構を中心として、自主的な区民との協働の体制を築いていただき花の香り漂うまちづくりを進めていただきたいと要望します。御所見をお伺いいたします。
 三点目に、先日、特別委員会で視察した仙台市では、駅前など大通りには街路灯に色とりどりの花のハンギングバスケットが飾られ目を引いておりました。仙台市では、花のまちづくりに対して助成制度を設けております。一つは、道路、広場その他公共の空き地や道路に面するショーウインドウなどにプランター、花壇、つり花などを設置・管理する団体に球根などの購入費、管理費、プランターなどの資材費を花いっぱいまちづくり助成として助成しております。二つ目は、花壇づくり助成です。地域に花壇を作ろうとする町内会や老人クラブ、こども会に、花壇新設時の資材費や植栽材料費や花壇管理費を助成しております。私は、区立公園に止まらず区内の様々な可能な場所で区民の自主的な花のまちづくりを推進する機会を設けるべきと考えます。その推進のための助成制度の創設とともに花壇設置場所の拡大をすすめるべきであります。御所見をお伺いいたします。
 項の最後にみどり推進に関連して伺います。区はこの夏、暑さ対策とともに電力対策として我が会派の要望を取り入れていただきみどりのカーテンプロジェクトを実施しました。ゴーヤの苗二株などみどりのカーテンのキット1000世帯の公募に4000件を超える募集が殺到したとのことで区民の意識の高さがみられました。このプロジェクトの区の率直な感想をお聞かせください。また、みどりのカーテンを用いた区民のエコ意識を高めるために来年度以降もさらに拡大してみどりのカーテンプロジェクトを実施していただきたいと考えます。御所見をお伺いいたします。  
 また、練馬区役所本庁舎に設置されているみどりのカーテンは、へちまが6階部分まで伸びており、暑さ対策をすすめる練馬区のシンボリックにもなっております。私は、このようなシンボリック的なみどりのカーテンを練馬駅ペデストリアンデッキなどに設置し、より以上に区内外の皆様にアピールしていただき区の暑さに対する姿勢を示していただきたいと考えます。区の御所見をお伺いいたします。

2011年09月13日 主張 トラックバック:0 コメント:0

■【主張】保育施策について

2011年09月12日  

一般質問に登壇しました。日大練馬光が丘病院の撤退問題をただすとともに、保育施策、花とみどりのまちづくりについて質問しました。
以下掲載します。


 次に、保育施策についてお伺いいたします。
 最初に、待機児童解消にむけた区の取り組みについて伺います。
 本年度の認可保育所待機児童数は、564名とこの三年間、急激に待機児童が増加しております。区は、長期計画・次世代育成支援行動計画を策定し認可保育所定員の拡大を前倒しして推進してまいりましたが、現状としては需要に追いつかない厳しい状況であります。区財政の厳しい中で、経済状況の悪化による保育需要の高まりがいつまで続くのかの予測の判断も困難であり、また、0才から2才までの待機が全体の85%を占めており、待機児童解消にむけて区としては知恵を絞って推進していかねばなりません。区のお考えをお聞かせください。
 私は、期間を五年から十年と短期間に限定した保育所の新設を進めていくべきと考えます。例えば、光が丘第七小学校跡地を臨時的に活用し、保護者の自動車での通園を認め、区内全域からの通園を可能としてはいかがでしょうか。また、耐震工事等で使用された仮園舎については、有効活用すべきであります。また、練馬型グループ保育室は、待機児童解消に大変効果的です。園長会と連携しながら区として積極的に推進すべきと考えます。区の御所見をお伺いいたします。 
 二点目に保育実施基準表について伺います。
 保育所の入所基準は政令で定める基準に従い条例で定める、としており各自治体の判断に任されております。保育に欠けるかどうかの判断基準は、短時間勤務者や求職者、母子家庭や虐待事例、早朝・夜間労働者などの対応があり大変難しい判断となります。また、フルタイムで働く保護者の保育指数が高くなり保育所入所の優先順位が高くなり、結果として所得の高い家庭の子どもが認可保育所を利用し、所得の低い家庭が認可外の保育施設を利用せざるを得ない場合も出てきております。同じ自営業で仕事場が居宅内と居宅外で保育指数に差があったり、同じ保育指数でありながら入所できる場合とできない場合があり解りずらい、との指摘もあります。区はこのような区民の声をどのように受け止めているのでしょうか。私は、区民が納得する新たな保育所実施基準を策定すべきと考えます。区の御所件をお伺いいたします。
 三点目に、一日保育士体験ついて伺います。一日保育士体験とは、保育園や幼稚園に子どもを預けている保護者が、一日を通して保育園・幼稚園で保育士または教諭として体験を積むものであります。一年間の中で一日仕事の休みをとっていただき、その日は、朝から夕方まで一人の保育士としてご自身のお子さんのクラスで他の子どもにも関わります。保育参観や行事での参加とは違い、自身が保育士として子どもと触れ合うことによって、育児に対する視野を広げ、家庭での育児を見直す機会のきっかけになってまいります。また、保育園は、今まで以上に保育内容が保護者の目に入るために、結果的に保育士の資質向上にも繋がっていきます。そして何より貴重なことは、保護者が一日保育士を体験することによって保育士の大変さと大切さが実感でき、園への感謝の心が育まれ、一方、園は保護者とのコミュニケーションを一日持つことにより、園児の家庭環境への理解が深まり、相互に保育園と保護者の信頼関係を構築することが可能となることであります。 
 一日保育士体験についての意義と効果を区としてどのようにお考えなのか、御所見をお伺いいたします。 
 埼玉県では平成21年度から親の養育力向上を図るため、三年間で全ての保育所・幼稚園に対して一日保育士体験など保護者の保育参加事業に取り組むよう働きかけております。一日保育参加のポスターをすべての保育所・幼稚園に掲示し、単に園の行事ではなく、県が積極的に推進していることを施設や保護者に周知し、23年度は保育所961カ所のうち95%、幼稚園612カ所のうち88%が実施予定となっております。 
 我が会派は、昨年第二回定例会の一般質問で、品川区の一日保育士体験を例に新たな親育て事業を提案いたしました。区から、今後、導入の方法、時期などについて検討していく、との答弁をいただきましたが、この一年間でどのように検討されたのかお伺いいたします。平成20年3月に告示された新「保育所保育指針」や新幼稚園教育要領にも保護者への支援を発揮していくよう求められており、区をあげて積極的に一日保育士体験を進めていただきたいと要望いたします。御所見をお伺いいたします。

2011年09月12日 主張 トラックバック:0 コメント:0

■区内関連各団体予算要望 志村区長に提出

2011年09月06日  

「平成24年度練馬区予算編成に対する要望書」を練馬区長に提出。
20110906.jpg

2011年09月06日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

■【主張】子どもの放課後等の居場所づくりについて

2011年06月17日  

子どもの放課後等の居場所づくりについてお伺い致します。

 学童クラブの待機児童数は、平成22年4月、127名から平成23年4月には142名となり増加傾向となっております。
今後、学童クラブ待機児童は、認可保育所の入園申し込み状況から推測すると、さらに増加することが見込まれ、区として、さらなる子どもの安全・安心な居場所の提供を進めていかねばなりません。そこで以下3点について質問いたします。

 第1点目に、学童クラブの待機児童の傾向として、年度によって待機児童の出現する施設が異なることが挙げられます。
例えば、大泉北小学童クラブは、22年度待機数が4名から23年度は18名と急激に増加、また豊玉小学童クラブでも22年度待機数0名から23年度11名と急増しました。
一方、大泉学園緑小学童クラブは、22年度17名から23年度には10名と減少しております。区は第二次練馬区放課後子どもプランに基づき学童クラブの小学校敷地内への設置を進めておりますが、年度によって待機児童の出現する学童クラブ施設が異なる状況の中で、待機児童解消にむけて、また子どもの放課後の居場所づくりについてどのように対処されるお考えなのでしょうか。ご所見をお伺いします。

 第2点目に、学校応援団ひろば事業が進むにつれてその事業内容が地域・保護者の皆様に理解され評価も高く、喜んでいただいております。学校応援団ひろば事業は、23年度中に全ての小学校での実施が予定されておりますが、週5日間実施している応援団は30校であり、それに対して残り35校の応援団で週5日間のひろば事業実施が課題となっております。完全実施のためには、応援団スタッフの人材確保が大きなポイントであります。学校応援団の人材確保について区としてどのように支援していくお考えなのでしょうか。ご所見をお伺いします。

 第3点目に、学校応援団ひろば事業は現在、夏休みなどの長期休業中は実施されておりません。保護者からは是非、夏休みにもひろば事業を実施していただけないでしょうか、という声が寄せられております。
ひろば事業は、広く地域の皆様が子ども達を見守る、という善意で運営されていることもあり、夏休みのひろば事業実施はハードルが高いと考えられます。
しかし、子どもの安全・安心のためには夏休みなどの長期休業中のひろば事業を区として積極的に進めていくべきであります。
民営学童クラブの運営者に任せるなど工夫して夏休みの子どもの居場所づくりを進めていただきたいと考えます。ご所見をお伺いします。

2011年06月17日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

■一般質問

2011年06月17日  

午前 石神井庁舎へ会場の手続き。
午後 一般質問。今日は公明党から西野議員が登壇。防災等の質問をしました。私の主張である子どもの放課後等の居場所づくりについても一般質問されました。夏休みなどの長期休業中にも民間学童クラブの運営主体者にひろば事業を運営していただくなどの工夫をしていただき、広く子どもの安全安心の居場所を進めるべきであるとの主張に対して、薗部教育長より各学校の実態を踏まえ、ご提案の民営学童クラブの活用等についても検討し、取りうる対応を積極的に図りたいとの答弁がありました。

2011年06月17日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

■【実績】段差を改修しました

2011年06月14日  

南田中団地12号棟前の歩道と車道の段差を改修し、車イスの方が安全に通行できるようにしました。
20110614_2.jpg
20110614_3.jpg

2011年06月14日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

■【実績】ポールを移動しました

2011年06月14日  

南田中団地6号棟前から横断歩道を渡り、石神井川側道への入り口にあるポールが車イスの方にとって障害物となっていたため、移動設置しました。
20110614_1.jpg

2011年06月14日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

■定例会が続く

2011年06月13日  

午前 代表者会に出席。
午後 本会議 常任委員会 特別委員会に出席。この一年間、常任委員会は環境まちづくり委員会、特別委員会は災害対策等特別委員会に所属します。災害対策等特別委員会では副委員長として会を運営してまいります。
夜  うすい事務所で打ち合わせ。

2011年06月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

■【実績】段差を改修しました

2011年06月13日  

南田中団地7号棟前と集会所前の段差を改修しました。
5号棟と集会所間の通路の段差を改修しました。
団地にお住まいの方からのご要望があり、この度車イスでも安心して移動できる導線を確保しました。
20110613_1.jpg
20110613_2.jpg
20110613_3.jpg

2011年06月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

■南田中団地 和喜満会

2011年06月12日  

午前 南田中団地の和喜満会の誕生会に出席。皆様お元気の様子でした。6月から区で始まった医療救急キットについて話をさせていただきました。
午後 下石神井地域にご挨拶に伺いました。

2011年06月12日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

■練馬区の放射線量・放射性物質の測定について

2011年06月10日  

 区民の皆様から放射線量や放射性物質に対して安全を確認してほしいという要望が寄せられております。国が明確かつ統一的な規制基準を整備しきめ細かい測定を実施するよう求めておりますが、国に先立ち練馬区として独自に測定し、公表することになりました。

測定1<空間の放射線量を測定します> 
①区内全域を12区分し、以下の施設で測定します。
②毎月実施の予定。
③地上50㎝で測定します。ちょうど生活空間となります。
④文科省が福島県の学校に示した安全基準(年間1ミリシーベルト)を準用します。

測定2<プールの放射性物質を測定します>
①区内全域を12区分し、以下の施設で測定します。
②6月~8月の毎月1回実施の予定。
③厚労省の水道水に関する指標(乳児100ベクレル/㎏ 大人300ベクレル/㎏)を準用。

測定3<空間の放射線量>
①常時、大気中の放射線量を測定するため、区内1カ所にモニタリングポスト(新宿百人町と同一のもの)を設置する。

測定場所は以下の通りです。
→測定1
①田柄第二小
②仲町小
③石神井小
④泉新小
⑤大泉南小 
⑥富士見台こぶし保育園
⑦栄町保育園
⑧関町保育園 
⑨大泉学園保育園
⑩旭町第二保育園
⑪こもれび児童遊園 
⑫西大泉ふよう児童遊園

→測定2<プール>
①田柄小
②北町小
③練馬第二小
④開進第二小
⑤関町小
⑥大泉学園緑小
⑦中村小
⑧光が丘四季の香小
⑨大泉第二小
⑩大泉第四小
⑪石神井プール
⑫三原台温水プール

→測定3<空間の放射線量モニタリングポスト>
※場所未定

2011年06月10日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

■定例会が続く

2011年06月10日  

午前午後 第2回定例会 人事が進んでおります。

2011年06月10日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

■第2回定例会 三日目

2011年06月09日  

第2回定例会三日目。議会人事が進んでいます。

2011年06月09日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

■本日より第2回定例会

2011年06月07日  

本日より第2回定例会が始まりました。6/28まで。この定例会では議長・副議長等の人事の議会となります。
午前 会議。
午後 本会議。その後、一般質問の最終読み合わせのための会議。
夕  野澤家のお通夜に参列。

2011年06月07日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

■南田中団地第一防災課委主催の防災訓練

2011年06月05日  

午前 南田中団地第一防災課委主催の防災訓練に参加。佐藤防災会長中心に役員の皆様の汗とご苦労でいざという時の避難体制が進んでおります。
午後 石神井町地域にご挨拶に伺いました。

2011年06月05日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

■第2回定例会に向けて

2011年06月03日  

午前午後 第2回定例会に向けての会議。

練馬区の放射線測定
 区においても放射線の測定をしていただきたいとの区民の皆さまからのご要望が多く、区としても6月中旬より放射線の測定を実施し、その結果を公表することになりました。
 区内全域を12区分し、区立施設の園庭などで放射線量を測定します。(地上50㎝で測定予定)また、区内の学校、区立のプール合計12ヶ所で水中の放射線物資の測定も実施します。またモニタリングポストを設置し、常時大気中の放射線量について測定することを検討しています。区民の皆さまにご安心いただけるように努めてまいります。

2011年06月03日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

■石神井公園駅で街頭演説

2011年05月20日  

早朝 石神井公園駅で小林都議会議員と街頭演説。
午前 定期監査。
午後 第2回定例会にむけて会派の打ち合わせ。
夕夜 地域をご挨拶に伺いました。
20110520.jpg

2011年05月20日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

■都内企業へご挨拶

2011年05月17日  

1日 都内企業へご挨拶に伺いました。
夕  堀江家のお通夜に参列。
夜  区民相談。

2011年05月17日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

■富士見台駅北口で街頭演説

2011年05月16日  

早朝 富士見台駅北口で街頭演説。小林健二都議会議員とともに区議選の御礼、区政など報告いたしました。その間、地域の皆様や通行中の皆様からの激励をいただきました。
午前 富士見台地域へご挨拶に伺いました。
午後 区民相談。事務処理。
夕  最後の歯医者へ。

2011年05月16日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

■練馬高野台駅で街頭演説

2011年05月02日  

早朝 練馬高野台駅で街頭演説。この度の区議会議員選挙でのご支援に対する御礼をいたしました。これから四年間、地域発展のためにしっかり働いてまいります。
1日中 ご挨拶に伺いました。
20110502.jpg

2011年05月02日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

■中学校の入学式

2011年04月07日  

今日は区立中学校の入学式が行なわれました。
夜、宮城県を震源とした震度6強の地震がありました。
これからも大きな地震が起きる危険があります。
充分に備えてまいりたいと思います。

2011年04月07日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

■小学校の入学式

2011年04月06日  

今日は練馬区立の小学校で一斉に入学式が行われました。
晴天に恵まれて桜も満開でした。

2011年04月06日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

■練馬区 被災者の受け入れを決定

2011年03月21日  

練馬区が被災者の受け入れなどを決めました。
受け入れ施設は
(1)旧光が丘第二小学校 3月25日から
(2)旧光が丘第七小学校 4月1日から
です。
受け入れ可能人数は各施設500人です。

また、救援物資受け付けを3月22日から旧光が丘第二小学校体育館で行います。
避難者の受け入れ・避難者総合相談窓口・救援物資の受け付けに関する問合せは、
練馬区専用ダイヤル 0120-984-964
です。
毎日午前8時30分から午後8時まで受け付けをしています。

【関連リンク】
東北関東大震災に対する練馬区の基本的な考え方

2011年03月21日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

■石神井南中学校卒業式に出席

2011年03月18日  

午前 石神井南中学校の第50回卒業式に出席。すばらしい歌声の卒業式。3年間で先生と生徒との信頼関係が生徒同士の友情が深まってこのようなすばらしい卒業式になったのだなーと感激しました。校長先生の式辞で「桜梅桃李」のようにひとり1人の個性を輝かせていくことの大切さを訴えられていました。感動しました。

2011年03月18日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

■地震のお見舞い

2011年03月16日  

1日 地域へ地震のお見舞い。

2011年03月16日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

■地震のお見舞い

2011年03月15日  

1日 地域へ地震のお見舞い。

2011年03月15日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。